2012年08月07日

石巻の今 7月17日(火)

RIMG0108.jpg  ⇒  RIMG0112.JPG

左が2011年4月、右が2012年7月。同じ場所から撮影した写真。
去年、一番最初に炊き出しへ行った所の坂の下だ。
確かにガレキはきれいになくなっている。草もいっぱい生えている。
でも、海のにおいはまだ残っていた。

突き当たりの道を左へまっすぐ行ったところに、

IMG_0618.JPG

慰霊碑「がんばろう石巻」がある。
中学校でいただいた花束を献花した。
そして、ここで素敵な再会。

RIMG0123.JPG

前にも書いたが、炊き出しで知り合い、レストランにも来てくれた姉妹。
今は仙台で暮らしているのに、わざわざ来てくれたのだ。
元気そうで、嬉しい! そして、かわいい!

さて、去年来たときのガレキはきれいになっていたが、それはどこへ?

IMG_0610.JPG 日本最大の災害廃棄物処理場へ集められ、少しづつ片付けられているという。でも、まだまだガレキの山がいっぱいあった。
フェンスには、津波の被害にあった学校の子どもたちが描いた絵がカラフルにペイントされていた。

次に向かったのは、湊中学校。

RIMG0146.JPG   RIMG0158.JPG

地震がおきたときと津波が襲ってきたときのまま時計が止まっている。

IMG_0627.JPG   RIMG0154.JPG

一階の天井まで水が襲ってきたという。
あの日はちょうど卒業式で、卒業生は帰宅していた。その中で3人の生徒が亡くなり、1階で近所から避難してきた人たちを誘導していた先生が一人犠牲になった。
一、二年生は、3階に無事避難できたが、備蓄品のビスケットを少しづつ分け合い、3日間、寒さと不安の中、周りの水が引くのを待っていた。
午前中に一緒にPIZZAを作った子どもたちの明るさからは、微塵にも感じられなかった悲しさや辛さを考えると、言葉がない。
自分には何ができるのだろう?
心の中に少しでも楽しいこと増やすことぐらいなのかな?






posted by アンジェロ at 16:10| 子供ボランティア | 更新情報をチェックする